Loading...

蛇韻律

古伊万里 半筒茶碗 17〜18世紀

SOLD OUT

17世紀末〜18世紀に焼かれた古伊万里の半筒茶碗。元々唐津焼を焼いていた旧平戸藩内の木原窯、またはその周辺の窯より産したものと思われ、絵唐津に多用された葦文を瑞々しい筆致で描いている。生掛けでこそないものの、初期の趣を多分に残した雅味ある茶碗である。

小ぶりなものが多い半筒茶碗であるが、こちらは十分な口径があり茶を点てるのに最適。いくつかの窯傷を除き、状態は極めて良好。

W10cm×H8cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。