Loading...

蛇韻律

高麗 青磁象嵌菊紋小皿 13世紀

SOLD OUT

高麗王朝時代に焼かれた青磁の小皿。汝窯の影響を窺わせる高台処理が中期の特徴を示しており、側面には白土と黒土を組み合わせた高麗独自の象嵌が施されている。当時、高麗青磁の焼成地は康津郡と扶安郡の二箇所に集約されていたことから、いずれかで産したものだろう。深い青緑色を湛えた青磁釉は翡色青磁と呼ぶに相応しい。

表側に象嵌が施されておらず、碗や盃の受け皿として使用されていたのかもしれない。貫入にニュウが紛れている可能性はあるものの、状態は良好。

W11.5cm×H2.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。