Loading...

蛇韻律

古伊万里 白磁蕎麦猪口 17〜18世紀

SOLD OUT

古伊万里の白磁の蕎麦猪口。上げ底の砂高台や口縁に向かって開く器形が元禄前後の特徴を示す。用途は向付、あるいは当時町人の間に広がりを見せていた煎茶や清酒の盃であると思われ、絵付けのないものは特に生産数が少なく貴重である。

見込みや口縁に見られる小さな斑点は焼成時に生じたもの。ほぼ未使用のまま伝世しており状態は極めて良好。

W7.5cm×H5.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。