Loading...

蛇韻律

武雄唐津 弓野窯 刷毛目壺 18世紀

SOLD OUT

武雄南部の小田志地区弓野窯周辺で焼かれた小壺。刷毛目の白泥が節約されている様子が窺えることから江戸中期以降のものと思われる。中国・朝鮮の様々な装飾技法を組み合わせた伸びやかな作行きで知られる古武雄。こちらは珍しく二彩も施されておらず、透明釉で覆われた濃淡のある刷毛目が枯れた味わいを生んでいる。

全体に窯傷と口縁に欠けが一箇所、短いニュウが数本見られるが状態は概ね良好。

W16cm×H17cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。