Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 刷毛目茶碗 15〜16世紀

¥60,000(税込)

李氏朝鮮時代初期に焼かれた刷毛目茶碗。粉青瓷には珍しい素直な碗なりの器形を成し、内外共に刷毛目が施される。畳付を含む全体に透明釉が掛かり、高台は渦巻兜巾を呈す。

15世紀後半の分院成立に伴い、それまで王室に粉青瓷を献上していた地方の窯は、供給先を一般庶民(中人及び常民)へ転換した。徐々に簡素な様相を呈し始めた象嵌の意匠は、次第にこの茶碗のように刷毛目跡のみを残すようになる。

焼成時の小さな窯傷やフリモノ、釉切れは見られるものの、上がりの良い艶やかな釉調を見せる。口縁にホツ、見込みの脇に4cmほどの古いニュウがあるが漏れはなく、状態は概ね良好。深さがあるため茶を点てるのに最適。保存箱付き。

W15cm×H7cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。