Loading...

蛇韻律

清朝 石湾窯 灯明皿 2客 19世紀

SOLD OUT

清朝期に広東省の石湾窯で焼かれた小皿。鈞窯瓷を模倣するうちに生まれたとされる特有の海鼠釉が見込みに施されている。持ち手と思われる小さな突起が側面にあることから灯明皿として作られたものと考えられ、高い耐火度を有する海鼠釉は見た目にも美しく、理に適っていると言える。

直接火に掛けて使用される、中国東北〜会寧地方の生活雑器にも通じる作行き。其々金直しがある以外、特筆すべき瑕疵はない。

W7.5cm×D8.5cm×H2cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。