Loading...

蛇韻律

無地唐津 窯ノ辻窯 灰釉茶碗 17世紀

SOLD OUT

南川原窯ノ辻窯で焼かれた唐津焼の茶碗。漆器を思わせる椀なりの器形を成し、淡いセージグリーンの灰釉が全体に掛かる。同窯で出土する染付碗と器形や高台処理が一致していることから、初期伊万里と併焼されたものだろう。柿右衛門家の関与により磁器への傾倒を強めていく窯ノ辻窯であるが、初期伊万里の技術を応用し、唐津焼の需要にも応えていたことが見て取れる。

見込みに窯傷とフリモノがある。また、口縁にニュウ直しと、幅1cm程度の小さな呼び継ぎがあるが、いずれも金で丁寧に直されている。保存箱付き。

W12.5cm×H8cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。