Loading...

蛇韻律

初期伊万里 百間窯 草花文輪花小皿 17世紀

SOLD OUT

1630年代に肥前武雄の百間窯で焼かれた初期伊万里の染付小皿。鎬の施された輪花型の器形に、初期の特徴である小ぶりな高台を有する。

当初は土物の唐津焼を焼いていた百間窯であるが、開窯後程なくして磁器の生産を開始した。初期伊万里の多くが李朝陶技から出発したのに対し、百間窯では初めから明代末期の意匠が盛んに取り入れられており、この皿も芙蓉手を意識した図案となっている。

窯傷やフリモノ、短いニュウが一本見られる以外に目立った瑕疵はなく、状態は極めて良好。

W13cm×H2.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。