Loading...

蛇韻律

古伊万里 雲雁文猪口 二客 18世紀

SOLD OUT

江戸時代中〜後期に焼かれた古伊万里の猪口二客。空に浮かぶ複数の雲と羽ばたく雁の群れをパターン化した連続文様を描く。蕎麦猪口と同じ逆台形の器形から、向付に用いられたものと思われる。希少な絵付けも然る事ながら、酒器に適した小ぶりなサイズが好ましい。

いずれの個体も状態良好。片方は甘手で、貫入がニュウのように伸びている箇所があるが裏には通っていない。

W5cm×H4cm
W5cm×H3.7cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。