Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 会寧 海鼠釉水指 18〜19世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代後期に咸鏡北道会寧で焼かれた壺。胴部の張り出した塩笥型の器形を成し、豊かな海鼠釉が内外共に掛かる。近年の発掘ではなく水指として伝世していたもので、会寧としては理想的な釉調と土味を持つ。高台脇に煤跡が見られることから、同地で日用器に用いられていたものが請来されたのだろう。

高台に窯傷、ホツがある。また高台脇に薄いニュウがあるが水漏れはない。仕覆と塗蓋を伴い、「會寧水指」と書かれた古箱に入る。

W18.5cm×H14cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。