Loading...

蛇韻律

切込焼 二彩盃

SOLD OUT

江戸時代後期に焼かれた切込焼の盃。半磁器質の胎土を用いた薄造りの器体を成し、茄子紺とトルコブルーが鮮烈な対比を見せる。

切込焼は伊万里焼の技術を導入した宮城県加美町切込地区の焼き物。操業期間は19世紀初頭から幕末頃までと考えられており、庶民向けの日常器と伊達藩への献上品の両方を産した。本作は切込焼が得意とした三彩の作例で、通常の流し掛けとは異なる施釉が妖艶な印象を醸している。

高台に極小さなホツが幾つか見られる以外、目立った瑕疵はない。保存箱付き。

W6cm×H3.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.