Loading...

蛇韻律

切込焼 二彩盃

SOLD OUT

江戸時代後期に焼かれた切込焼の二彩盃。切込焼は伊万里焼の技術を導入した宮城県加美町切込地区の焼き物で、伊達藩への献上品と庶民向けの日用品を産した。本作は長崎の長与焼や淡路の珉平焼に並ぶ、三彩の技法が用いられた献上手の盃。僅かに端反りした上品な器形を成し、茄子紺の隙間をトルコブルーで埋める特殊な掛け分けが施されている。

高台に極小さなホツが幾つか見られる以外、目立った瑕疵はない。保存箱付き。

W6cm×H3.5cm