Loading...

蛇韻律

明朝 古染付 釉裏紅山水図皿

SOLD OUT

明代末期に景徳鎮の民窯で焼かれた古染付の五寸皿。釉裏紅を用いた「浅絳手」と呼び習わす希少な作例で、代赭色の淡彩を添えた浅絳山水がその名の由来と思われる。呉須と辰砂を使い分け、歳寒三友が月夜に揺れる霊験あらたかな風景を描く。

焼成時に生じた虫食いやフリモノがある。口縁に小ホツが数箇所見られるが、それ以外に目立った瑕疵はない。

W15cm×H2.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment