Loading...

蛇韻律

琉球 壺屋焼 無地白化粧茶碗

SOLD OUT

琉球王国末期に壺屋で焼かれた茶碗。赤土を用いた端反りの器形を成し、化粧掛けした素地に艷やかな透明釉を施す。17世紀に各地の窯を統合して始まった壺屋焼は、王府の管轄でありながら民窯の性格も有しており、御用品に遜色のない雑器が多数焼かれた。本作も上手の赤絵碗を無地の作品に仕上げたような麗しい作調を持つ。

貫入にニュウが紛れている可能性があるが、目立った瑕疵はない。保存箱付き。

W13.3cm×H6cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment