Loading...

蛇韻律

元朝 河南天目鉢

SOLD OUT

金〜元朝期に焼かれた浅鉢。砂利混じりの素地に光沢ある黒釉が掛かり、見込みに茶褐色の斑文が浮かぶ。日本で河南天目と称されるこの種の黒釉瓷は、河南省を中心に華北一帯に分布した磁州窯系諸窯(魯山窯も含む)で焼かれたもの。本作は雑器としては比較的薄く、口縁も綺麗な正円を描く端正な作り。品格と実用性を兼ね備えた、日常に取り入れやすい天目である。

元々は海揚がりだったと思われ、露胎部に汚れの固着が見られる。施釉部は所々カセているが概ね良好な艶を保ち、口縁の金直しも良い差し色になっている。保存箱付き。

W19cm×H6cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment