Loading...

蛇韻律

対州焼 白釉皿 八客組

SOLD OUT

江戸時代中期に焼かれた五寸皿八客。鉄気の多い陶胎に白濁釉が掛かり、太さの異なる複数の貫入が全体に走る。箱に「高麗焼」とあるが、対馬藩直轄の釜山窯か或いは対州窯で焼かれた茶器である。重ね焼きの跡はなく、黄味がかった釉色と軽い手取りを持つ玉子手風の作調。

八客のうち二客、口縁に金直しがある。その他、釉切れや窯傷を除いて目立った瑕疵はない。「高麗雨漏手 御皿」と張り紙のある古箱に収まり、蓋裏に宴席で使用したことを示す書付がある。

W15.5cm×H3.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.