Loading...

蛇韻律

元朝 磁州窯系 白黒掛分碗

¥60,000(税込)

元朝期に磁州窯系の窯で焼かれた碗。逆ハの字状に開く厚手の躯体を成し、化粧掛けした素地の胴下に黒釉を掛ける。これは定窯の銀覆輪を模した宋代の白覆輪天目の流れを汲むものと考える。雪が積もったような一面白化粧の見込みと、そこに刻まれる足跡のような目跡が好ましい。

口縁から伸びるニュウが二本あるが丁寧に金直しされている。一部釉薬の剥離や窯傷が見られる以外に目立った瑕疵はない。保存箱付き。

W16.5cm×H7.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment