Loading...

蛇韻律

白丹波 双耳仏花器

SOLD OUT

江戸時代末期に焼かれた白丹波の仏花器。頸部に双耳を配した盤口型の器形を成し、白化粧を施した素地に透明釉を掛ける。中国の青銅器に起源を持つこうした器形は、近世まで仏花器として中国・日本で広く親しまれた。潤沢な透明釉がもたらす柔らかな輪郭と味わい深い釉膚が、投げ入れた野花の魅力を引き立てる。

口辺に短いニュウがある以外に目立った瑕疵はなく、水漏れも無い。保存箱付き。

W7cm×H11.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.