Loading...

蛇韻律

布志名焼 黄釉二彩流掛茶碗

SOLD OUT

明治時代に出雲で焼かれた茶碗。薄造りの躯体に黄釉を施し、黒釉と緑釉を交互に流し掛けた珍しい意匠。高さはないが撥高台で、腰を絞り口縁が内湾する呉器茶碗風の器形を成す。布志名のいずれかの窯で産したものと思われるが、牛ノ戸の染分に通じる釉色の取り合わせが新鮮。波打つような歪みも美点の一つになっている。

口縁に金直しが二箇所、外面に引っ付き痕、高台に削げが見られる。それ以外に目立った瑕疵はなく状態良好。保存箱付き。

W12cm×D10.5cm×H7.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment