Loading...

蛇韻律

琉球 壺屋焼 マス瓶

SOLD OUT

琉球王国期に壺屋で焼かれた荒焼(アラヤチ)の瓶。荒焼とは施釉陶器の上焼(ジョウヤチ)に対する総称で、釉薬をかけず1,000度前後で焼き締められたものを指す。

泡盛を計量するために用いられたこの種の瓶は「マス瓶」と呼ばれ、壺屋やそれ以前の知花で産した。いずれも装飾のない実用に徹した作調ながら、本作は土味の活きた焼締陶ならではの窯変が魅力となっている。

容量は約一合で独酌に最適だが、土臭があるため使用する際は洗浄が必要。窯傷を除いて目立った瑕疵はない。保存箱付き。

W8cm×H14cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment