Loading...

蛇韻律

壺屋焼 呉須絵縞文瓶子

SOLD OUT

明治時代頃に壺屋で焼かれた瓶子(ビンシー)。御願の際に一対で使用する携行用の祭祀道具。元々王家で錫製のものが使用されており、後にこうした陶器製のものが庶民の間に広がったとされる。波打つ浜辺、降り注ぐ陽の光を想起させる鮮明な配色は、殊にこの器種で盛んに用いられた。本作はメリハリのあるシルエットと貫入に覆われた光沢ある膚が魅力。

窯傷やフリモノ、土の付着が見られるが目立った瑕疵はない。

W5.7cm×H11.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.