Loading...

蛇韻律

古武雄 弓野窯 鉄絵緑彩松樹文甕

¥64,000(税込)

江戸時代に武雄南部の弓野窯で焼かれた二彩唐津の壺。鉄釉と銅緑釉で描く松絵は同窯を代表する文様で、17世紀前半から幕末期まで描かれた。本作は松葉が強調された絵付けと大きく開口する器形から18世紀後半に焼かれたものと思われる。柔らかな白泥に溶け出すような、淡く朧気な松絵が好ましい。

口辺に銀直しが四箇所と、ニュウが二本ある以外に目立つ瑕疵はない。この手は雑器であるため破損しているものが多く、状態の良いものは珍しい。

W30cm×H21.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.