Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 礼賓三島 印花連珠文茶碗

SOLD OUT

李氏朝鮮時代初期に焼かれた三島茶碗。口縁が僅かに端反りする端正な器形を成す。高台周辺を除く全面に印花文を施し、見込みには物品の補給を担当する官司であった「長興庫」の銘が入る。このような銘入りの三島は官用品として上納されたもので、日本では「礼賓三島」と称す。通常の三島に比して薄造りで、高台外側面に象嵌が施されている点もこの手の特徴。伝世味に溢れ、寸法も申し分無い三島茶碗の白眉。

胴部に小さな釉切れ、高台にホツが見られる以外に目立った瑕疵はない。「粉青沙器印花文茶碗」、「長興庫三島手茶碗」と記された箱に収まる。

W13.5cm×H6.2cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.