Loading...

蛇韻律

スコータイ朝 シーサッチャナーライ窯 青磁鎬玉壺春瓶

SOLD OUT

スコータイ朝末期からアユタヤ朝期にシーサッチャナーライ窯群及びサワンカローク窯で焼かれた青磁の瓶。均整の取れた玉壺春形の器体に繊麗な鎬文を施し、高台内には輪トチン跡を残す。

同窯では元々、先住のモン族が灰釉陶器を焼いていたが、12世紀頃にタイ族が中国南部から南下。中国との交流を通じ、鉄絵や青磁を完成させた。本作はアユタヤが勃興し、海上貿易が盛んであった15世紀頃、輸出陶磁として焼かれたもの。龍泉窯青磁の模倣から脱した、青白磁のような色合いを見せている。

内部に汚れや匂いは無く、口辺に小さな削げが一箇所見られる以外に目立った瑕疵も無い。この手は多くが破損しており、本作のような完器に近いものは稀少。保存箱付き。

W10.5cm×H20cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.