Loading...

蛇韻律

高麗 青磁陽刻草花文皿

SOLD OUT

高麗王朝時代中期に焼かれた青磁皿。康津あるいは扶安より産した比較的上手の作。薄造りの器体に陽刻を施し、高台内に三点の硅石目を残す。これらは中国から運ばれた宋磁に倣ったもので、装飾は耀州窯、器形や高台作りは汝窯の影響を強く感じさせる。他方で高麗青磁も貿易陶磁として国外に積み出されており、同種の青磁片が浙江省寧波市で発見されている。

口縁からニュウが三本伸びている。内一本は口縁側が二股に別れており(5mm程度)、共継ぎされているかもしれない。口縁と高台に一箇所ずつ小さな共色直しがある。保存箱付き。

W16.5cm×H5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.