Loading...

絵瀬戸 梅花文碗

SOLD OUT

江戸時代後期に焼かれた絵瀬戸の向付。外面のみ鶉の卵のような鉄粉混じりの釉膚を呈し、梅花や折松葉を鉄絵で描く。絵瀬戸の中でも類例の少ない作例だが、筒描きで絵付けを立体的に見せたものは尚珍しい印象。普段遣いの食器には勿論、茶を点てるのにも十分な寸法。

口縁のニュウとホツに丸粉仕上げの金繕いを施した。保存箱付き。

W10.5cm×H7.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.