Loading...

蛇韻律

瀬戸焼 飴釉面取火入れ 18〜19世紀

SOLD OUT

江戸時代後期に焼かれた瀬戸焼の火入れ。化政期に本業窯で焼かれたものと思われ、石皿に似た灰褐色の陶土が用いられている。箆で削ぎ落とされた器壁とそこに掛かる飴釉が朝鮮北部の面取壺に酷似しているが、時代に開きが殆ど無いため影響関係は不明である。

口縁にホツ、削げが見られる以外に目立った瑕疵はない。無釉の内部も汚れは少なく、火入れとしては非常に綺麗な状態。

W10cm×H7cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。