Loading...

蛇韻律

御深井焼 黄瀬戸写半筒茶碗

SOLD OUT

幕末〜明治期に瀬戸で焼かれた御深井焼の茶碗。畳付きを除く全体に釉薬を施し、緑彩を散らした黄瀬戸写しの意匠。半筒茶碗として伝世する本歌の黄瀬戸は元来向付の生まれであったとされるが、本作は初めから茶碗として焼かれたものだろう。小ぶりで、程よく丸みを帯びた器形がしっくりと手に馴染む。

既に使い込まれ、味のある釉膚を呈している。口縁に小さなホツ直しが四箇所と、畳付きに削げが三箇所見られる。保存箱付き。

W9cm×H6.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment