Loading...

織部焼 鳴海織部 向付

お気軽にお問い合わせください

安土桃山時代に焼かれた織部焼の平向付。収縮率の異なる赤土と白土を巧みに接ぎ合わせた「鳴海織部」の作例。誰が袖形の器体を成し、底部に半環足を三ヶ所設ける。片側面に間道文、見込みに梅花や梅鉢を配し、銅緑釉を掛け分ける。高度な技術と優れた文様構成、美しい窯変の三拍子が揃った類い稀な向付。

赤土と白土の接合部の端に、焼成時に生じた亀裂がある。底面の端に削げが見られる以外に目立った瑕疵は無く、状態良好。保存箱付き。

W15.3cm×D13.8cm×H4.5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.