Loading...

絵志野 輪違文筒茶碗

SOLD OUT

安土桃山時代〜江戸時代初期に焼かれた志野焼の筒茶碗。上部が僅かに端反りした撫四方形を成し、どっぷりと掛けられた長石釉にあどけない輪違文が浮かぶ。高台は糸切りの平底とし、周辺に豪快なヘラ削りの痕を残す。陶工の指跡と随所に生じた釉縮れ、染みついた伝世味が類稀な景色を見せる、威厳と迫力に満ちた一碗。

伝世による使用感以外に目立った瑕疵はなく状態良好。「志野 筒茶碗」と箱書きされた古箱に収まる。

W8.6cm×H9cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.