Loading...

清朝 磁州窯系 青花暦文碗

ARCHIVED

清朝期に山西省で焼かれた青花の茶碗。軟質の胎土に白泥を施し、放射状の連文を描く。この手は地元の需要に応えるだけでなく、遠方にも出荷されていたと見られ、中国東北部や朝鮮半島で見つかることも少なくない。絵付けは景徳鎮の暦文を模倣したものと思われ、定番の図案として様々な器種に描かれている。華南を中心とした青花の系譜の周縁に位置する、見捨て難き一品。

窯傷やホツ、汚れが見られるが概ね状態良好。

W14cm×H5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.