Loading...

蛇韻律

タイ モン族 灰釉茶碗 12〜13世紀

¥24,800

タイの古窯の下層部から出土した陶器製の碗。古くから東南アジアに居住するモン族が、雲南より南下してきたタイ族に壊滅させられる前夜、おそらく12〜13世紀頃に焼いたものだろう。クメール陶器に通ずる部分があり、モン族がクメールの地で作陶技術を習得していたことを示している。

モン族の窯を継承したタイ族が、中国の元王朝との交流の中で生み出したのが宋胡録であった。クメール陶器から派生し、宋胡録の祖型となったこの碗は、東南アジア陶磁の相関関係をぼんやりと浮かび上がらせる。

窯傷以外に特筆すべき瑕疵はなく状態良好。滋味深い貫入の入った釉薬の溜まりに、日本の茶人が再現しようとした枯淡の美の淵源を見る。

W14.5cm × H6cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。