Loading...

蛇韻律

琉球 壺屋焼 染付花紋瓶子 19世紀

SOLD OUT

琉球処分の前後に壺屋で焼かれた瓶子(ビンシー)。御拝(ウガン)の際に一対で用いる祭祀道具である。

近世琉球社会では、身分や経済力により使用できる器種が制限されていた。元々錫製であった瓶子は王家だけが使用を許されていたが、陶器で再現したものが庶民に広がり、一般化したようである。

その消えかかった一輪の花の絵付けに儚さと力強さを見る。口縁に小さな共色直しが見られる以外、特筆すべき瑕疵はない。

W7cm×H15.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。