Loading...

蛇韻律

南宋 青白磁陽刻蓮花文瓶

SOLD OUT

南宋〜元朝期に焼かれた青白磁(影青)の瓶。花器として用いられたものだろう。景徳鎮湖田窯に影響を受けた周辺の窯、或いは福建諸窯で産したもので、湖田窯とは別種の質朴で可憐な空気を纏っている。こうした粗製の青白磁は周辺地域の需要に応えるだけでなく、スコータイやその他南海諸国にも盛んに積み出された。

釉薬の剥離と、高台に一箇所欠けが見られる以外に目立った瑕疵はなく、水漏れもない。

W9cm × H18cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.