Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 北鮮粉引平茶碗 17〜18世紀

SOLD OUT

北鮮松坪出土として伝世する粗質白磁の平茶碗。粒子の粗い胎土に白化粧が施され、その上から白濁した失透性の釉薬が掛けられている。

咸鏡北道の松坪という地域は、日本植民地時代に浅川伯教が調査を行った会寧、明川のちょうど中間に位置していることから、そのいずれかの窯で焼かれたものが運ばれたと考えるのが妥当だろう。但し、発掘調査の進んでいない朝鮮北部には、未だ知られていない多くの窯址が散在していることは明らかで、会寧、明川以外の産である可能性も捨てることはできない。

斑釉を思わせる釉薬や土質は北鮮のものに違いないが、文化圏の異なる全羅南道の粉引とも共時性を感じさせる。彼の地に包括的な陶磁史が編まれる日が来ることを。

釉薬の色味と調和する、口縁の銀直しが見事。高台に小さな欠けが数箇所ある以外、特筆すべき瑕疵はない。合箱付き。

W14cm×H4cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。