Loading...

蛇韻律

タイ 宋胡録鉄絵茶碗 15〜16世紀

¥38,000(税込)

スコータイ王朝末期にサワンカローク地方で焼かれたであろう茶碗。白化粧の上に鉄絵を施す作風は華北の磁州窯に倣ったものであるが、水田の泥土と木灰で作られるタイの鉄釉は滲みやすいため、流れている。

花弁か太陽のようにも見える抽象的な文様は偶然の産物か。暗緑色を呈したその朧げな絵付けが、却って枯淡な趣きを醸し出す。安南焼の一部がそうであったように、日本の茶人からの注文に応えたものだったと考えるのは僻目だろうか。

タイの碗は大ぶりのものが多く、茶碗として使用できるものは貴重。窯傷と、口縁に金直しが数カ所見られる以外、特筆すべき瑕疵はない。発掘伝世、合箱付き。

W14cm×H6.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。