Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 象嵌塩笥壺 15〜16世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代に焼かれた粉青沙器の塩笥壺。胴の張った量感溢れる器形に、象嵌で複数の輪線が施されている。高麗青磁に近い良好な発色を見せていることから、李朝成立後間もない時期に焼かれたものと推測される。

塩笥型は北部を含む朝鮮全土で焼かれており、堅手や粉引、象嵌、刷毛目、黒高麗と言った朝鮮陶磁のほぼ全ての意匠が用いられている。面取り壺と並び、半島の民俗に深く根ざした形状だったのだろう。

土見せの高台は荒々しく、粘りのある鉄分豊富な胎土が古唐津を思わせる。一部釉薬の剥離と、口縁から伸びるニュウが一本あるが、それ以外に特筆すべき瑕疵はない。

W13cm×H9cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。