Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 会寧 海鼠釉片耳鉢

SOLD OUT

李氏朝鮮時代後期に咸鏡北道会寧郡で焼かれた鉢。外面に取り付けられた持ち手は女真族の生活雑器にしばしば見られるもので、付け根部分に藁灰釉が施されているのは補強のためと推測される。

鈞窯の流れを汲むとされる同地の海鼠釉であるが、中国東北部には鈞窯系の技法が用いられた形跡はなく、中国南部から海上ルートで伝わった可能性が高い。唐津焼・帆柱窯との関係も含め、海鼠釉の伝播に関する更なる研究が待たれる。

同地では器を直接火にかける習慣があり底部が劣化しているものが多いが、本作にその痕はない。窯傷以外に目立った瑕疵は無く、状態は極めて良好。

W18cm×H9cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.