Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 会寧灰釉瓶 18世紀

SOLD OUT

咸鏡北道鏡城郡朱南面、または明川〜会寧諸窯で焼かれた下蕪形の瓶。厚く掛かった暗緑色の釉薬に藁灰の斑点が現れる様は青唐津さながらである。

総釉の高台から推測するに、李朝中期以降の作だろう。胴部から垂直に立ち上がる南宋官窯風の鶴首は、当時の清朝で復古的に用いられていた器形。満州民族と対峙していた朝鮮が、清朝との交流を少しずつ強化していたことを窺わせる。

貫入にニュウが紛れている可能性はあるが、割れや欠けはなく、水漏れもない。鈍重な趣が春の野花を一層引き立てることだろう。

W8.5cm × H16cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。