Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 白磁鉄砂瓶 18世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代中期に焼かれた白磁瓶。こうした鉄砂の瓶は京畿道南部の安城和谷里辺りで盛んに焼かれていた。三箇所に描かれた蛇のような略画は筆致が統一されておらず、一つはとぐろを巻き、一つは蛇行し、一つは関節を曲げるような奇妙な形をしている。

半島の小壺は大半が油壷であったが、こちらは内部に殆ど汚れが見られない。胴体の下半分に薄桃色の染みが広がっていることから酒瓶に用いられていたのだろう。肩部に焼成時の亀裂があるが裏には通っておらず、夏の冷酒器にも最適。

W10cm×H13cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。