Loading...

蛇韻律

民国 高陂窯 花鳥文青花皿 20世紀

SOLD OUT

民国期に広東省潮州市の高陂窯で焼かれた皿。日本の明治から大正時代にかけて流行した釉下彩に影響を受けたものと思われ、コバルトと緑釉、薄桃色の釉薬の組み合わせで南国情緒溢れる花鳥風月が描かれている。

高陂窯の色鮮やかな釉下彩は主に南海諸国に輸出された。超自然観から脱却した、身近なモチーフを好んで描く精神性は、台湾の鶯歌やベトナムのソンベ焼きに継承されている。

ニュウが二本通っているが概ね状態良好。

W21.5cm×H3.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。