Loading...

蛇韻律

李氏朝鮮 井戸脇茶碗 16〜17世紀

SOLD OUT

李氏朝鮮時代中期頃の粗質白磁の茶碗。慶尚南道の鎮海区かその周辺で焼かれたものと思われ、井戸茶碗に共通する特徴が幾つか見受けられる。

本手を凌ぐ枇杷色の膚に、宋磁の金糸銀線にも比肩する二種類の貫入が入り乱れるさまがこの茶碗特有の見どころ。井戸脇と呼ぶにはあまりに惜しい、唯一無二の風格を備えた茶碗である。

時代のホツが見られるが概ね状態良好。艶の出た器面や口縁の金直しから、随分使い込まれてきたことが窺える。「古渡り刷毛目 雨漏り茶碗」と書き付けられた古箱に入る。

W14.5cm×H7cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。