Loading...

蛇韻律

清朝 雲南省 印判平茶碗

SOLD OUT

清朝期に雲南省文山地区で焼かれた茶碗。蛇の目釉剥ぎの残る平らな器形を成し、印判による六角形の連文が胴を廻る。雲南では食事や飲酒など、様々な場面でこのタイプの平茶碗が使用された。印判の技法は同時期の福建省や日本でも多用されており、各地の影響関係については考証の余地がある。

高台にホツ、口縁に窯傷が見られる。貫入にニュウが紛れている可能性はあるが、状態は概ね良好。

W17cm×H5cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。

Collector's Comment