Loading...

蛇韻律

清朝 雲南省 印判平茶碗 18世紀

SOLD OUT

清朝期に雲南省文山地区で焼かれた平茶碗。見込みには蛇の目の釉剥ぎが残され、印判による六角形の連文が胴を廻る。雲南では食事や飲酒など、様々な場面でこのタイプの平茶碗が使用された。

印判の技法は殊に同時期の華南地域~安南、日本で多用されており、各地の影響関係、前後関係については考証の余地があるだろう。また、大量生産を目的とした絵付けの効率化に転用された日本の印判とは異なり、安南や雲南では、あくまで幾何学模様を正確に表すための技法という側面が強かったようである。

高台にホツ、口縁に窯傷が見られる。貫入にニュウが紛れている可能性はあるが、概ね状態は良好。

W17cm×H5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。