Loading...

蛇韻律

朝鮮 会寧 海鼠釉双耳壺

SOLD OUT

李氏朝鮮時代末期〜日帝期に焼かれた壺。こうした取手付きの壺は朝鮮全土で水汲みに用いられており、器形や意匠に様々なバリエーションが存在する。本作は咸鏡北道会寧郡または明川郡より産したもので、この種の壺としては珍しく海鼠釉が掛けられている。取手の本体側を窪ませるなど、実用に配慮された作行き。

口縁に釉剥げ、高台にホツ、側面に一部カセが見られる以外に特筆すべき瑕疵はない。国外持ち出し許可証が高台内に貼られている。

W18cm×H15cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.