Loading...

蛇韻律

南宋 青磁刻線文碗 12〜13世紀

SOLD OUT

南宋時代に福建省で焼かれた輪花形の青磁茶碗。セージグリーンを呈する青磁釉が掛かり、見込みには簡素な刻線文を表す。日本ではしばしば同安窯と一括りにされるが、同安から北の莆田窯、あるいは福清窯より産したものだろう。

龍泉窯の意匠、景徳鎮の陶技を巧みに取り入れた福建の青磁は、その多くが輸出品として焼かれ、海上シルクロード航路を伝って他国へと運ばれた。高台の処理や釉掛けにやや粗製の観はあるものの、それが却って日本では尊ばれ、また東南アジアでは龍泉窯と並び青磁の範となった。

元々は発掘と思われるがカセは殆ど無く、状態は極めて良好。極小さなホツが口縁に見られる以外に特筆すべき瑕疵はない。

W17cm×H6cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。