Loading...

蛇韻律

上野焼 蛇蝎釉 刷毛目小服茶碗 18世紀

¥60,000(税込)

江戸時代中期に豊前、上野皿山本窯で焼かれたであろう小服茶碗。変化に富んだ梅花皮が器壁の外側を覆い、深い梅紫色を呈した見込みには刷毛目が施されている。

唐津や薩摩の蛇蝎釉に着想を得た禍々しさを感じさせる意匠であるが、小ぶりで丸みを帯びた器形は扱いやすく、滑らかに仕上げられた口縁は口当たりも好ましい。異形の姿に必然性を宿す、生物進化さながらの両義性を兼ね備えた奇特な茶碗と言える。

長年丁寧に使用されてきたようで、状態は極めて良好。仕覆が付き、「上野焼 茶碗」と書き付けられた箱に入る。

W10cm×H9cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。