Loading...

蛇韻律

波佐見焼 くらわんか皿 18世紀

SOLD OUT

江戸時代中期に焼かれた波佐見焼のくらわんか皿。唐津焼のような赤褐色の陶土が用いられ、口縁にはべべらを呈す。個体差の多いこの手のくらわんか皿の中でも、こちらは暗く沈んだ呉須の色味や碁笥底の三分の一高台など、特に古格を感じさせる。

裏と表に一箇所ずつ窯傷があるものの、使用された形跡は殆どなく状態は極めて良好。適度な深さがあり、平盃としても使用できるだろう。

W12.5cm×H3cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。