Loading...

蛇韻律

波佐見焼 白磁色絵マグカップ 19世紀

SOLD OUT

幕末期に肥前波佐見で焼かれたマグカップ。長崎の旧家で稲藁に包まれた状態で見つかったもの。染付による輪線を上下に施し、濃淡の異なる複数の赤絵を使い分けて花草文を描く。長崎商人の組合「金富良商社」か、長崎に来訪したオランダ商人が輸出用に発注したものと推測され、同じく波佐見で焼かれたコンプラ瓶と同じ胴径、高台を有している。

窯傷や色絵の僅かな剥離は見られるものの、未使用につき状態は極めて良好。

W8cm×D11cm×H7.5cm
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • 商品説明はあくまで見解です。内容の真偽、正確性は保証いたしかねます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。