Loading...

蛇韻律

京阿蘭陀 仏花器

SOLD OUT

江戸時代後期に焼かれた京焼の仏花器。初代尾形乾山(1663-1743)のデルフト写しを端緒とする「京阿蘭陀」に類するもの。盤口型の器形にS字の耳を有し、白化粧の上から呉須で宝珠鳳凰文を描く。忠実なデルフト写しから中国風の絵付けに回帰した時代の作だが、片耳を欠失した姿は奇しくも西洋のミルクピッチャーのようである。

淡い枇杷色を呈した釉膚と発色の良い呉須のコントラストが好ましい。底は無釉だが漏れはなく、窯傷や耳の欠失を除いて目立った瑕疵はない。

W6cm×H10cm