Loading...

蛇韻律

武雄唐津 弓野窯 鉄絵緑彩松樹文甕

SOLD OUT

武雄南部の小田志地区弓野窯周辺で焼かれた甕。鉄釉と銅緑釉で描く松絵は古武雄を代表する文様で、通常「弓野の甕」と言えばこの手を指す。

本作は胴下部を絞った器形、輪郭線が省略された松絵から17世紀末〜18世紀前半に焼かれたものと推測される。長年水甕として使用されていたもので、下地の白化粧が伝世の粉引茶碗のような滋味深い枇杷色に変化している。

潤いのある優れた質感も然る事ながら、雑器である弓野にしてはほぼ完器と言える理想的な状態。口辺に釉の剥離、短いニュウが一本ある以外に目立つ瑕疵はない。

W25cm×H22cm