Loading...

初期伊万里 草花文皿

SOLD OUT

1620〜30年代に焼かれた初期伊万里の六寸皿。砂敷の高台から僅かに角度を持って立ち上がり、見込みに草花文、縁に唐草文を描いた鍔縁形の器形を成す。類似の絵付けがあることから猿川窯の作と考えたいが、この年代は窯数が多いため断定し難い。見込み中央に一直線に伸びる梅の枝や頭を垂れる花など、数ある草花文の中でも癖のある画風が好ましい。

見込みに窯傷と石ハゼ、畳付に一部削げが見られるが目立った瑕疵はなく、状態は極めて良好。器形に沿うように走る貫入、青みがかった釉膚も見どころとなっている。

W18cm×H4cm
  • キャプションは考察が進み次第随時更新されます。
  • 画像は実際の商品と色味が異なる場合がございます。
  • ご購入の際には、「特定商取引法に関する表記」をご一読ください。
URL Coppied.